誰しもいろいろな理由でうつ的になることがあると思います。自分も2年前にそのような状態になりましたが、般若心経一万回唱えることを目標にして見事に元気を回復しました。そんな経験を書いてみたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



寝ながら般若心経を唱えていると、朝方には、元気いっぱいになる。今日も一日がんばろうと勇気がわいてくる。心臓からエネルギーが湧きあがり両手を気でいっぱいに満たす。今のように難しい時代では、次から次へと押し寄せてくる問題の波に飲み込まれないようにするのが大変だ。自分なりにそうした問題に巻き込まれないための方法を準備しておくことが大切だと思う。

 昨日も気功に来た生徒さんが、妹さんの死のショックや両親の介護で、5キロも痩せて、夜眠れず睡眠薬を飲んでいるので、それが治ると聞いて気功を習いに来ましたと言っていました。皆それぞれに悩みを抱えていることに改めて驚かされました。簡単な理由では、習いにきてくれないものです。気功ももちろん効果がありますが、どうせ夜眠れないのですから、そう言うときは、焦らずに般若心経を唱えているといつの間にか、寝てしまうということを教えてあげたいと思っています。

 般若心経は、Heart sutraというだけあって、心の傷には良く効きます。全部覚えるのが、大変な人は、

観自在菩薩 行深般若波羅密時 照見五蘊皆空 度一切苦厄

とこの句を唱え続ければ、いいのではないでしょうか。すなわち、観自在菩薩が深い瞑想状態に入った時に、この世の一切が幻想であると悟って、すべての苦しみ厄から解放されたという意味でしょうか。 この句を何回も何回も唱えることによって、自分の細胞の一つ一つにまで、すべてが幻で実体がないということを染み渡らせるで、やっと安心して眠れるようになってきます。それを心に焦点をおいて唱えれば、心臓からエネルギーがわき上がり、生きる元気が湧いてきます。

慣れてきたら
Gate Gate Paragate Parasangate Bodhi Svaha 般若心経と真言を唱えるのもいいかもしれません。

こうした歌できくと実にきれいですね。

【2009/05/16 12:51】 | 心と身体
トラックバック(0) |
夕日

人間、心配事があるとなかなか寝付けなかったり、朝方、早く目が覚めてしまったりと、眠りが浅くなってしまうものだ。そんな時に、薬にたよって眠るよりも、できれば自然な形で睡眠がとれた方が、健康にいい。

 最近は、朝方、4時か5時ぐらいに目が覚めてしまう。以前だったら、また、寝ようとして寝付けず、7時ぐらいになってようやく眠くなるが、すでに起きる時間で、なんだか中途半端な状態で起き出していた。当然、そうした一日は、冴えるはずもなく、一日中だるさが残ってしまった。

 ところが、般若心経を寝ながら唱えだしてから、そうしただるさも不安も消えるようになった。不況による収入の減少など、いろいろな意味でかなり危機的状況にあるが、起きてからも安定した心の状態でいるいことができる。

 体も軽く、落ち着いている。夕べは、眉間の奥にあるエネルギーのセンターに意識を集中して、そこで唱えてみたが、心の安定という意味では、あまり効果がなかった。その後、心臓の中に意識を移して、唱えると心臓からエネルギーがわき上がり、喜びとともに安心がやってきた。やはり、般若心経は、「heart sutra]というだけあって、「心」のお経のようだ。心を癒してくれる最高のお経だ。

 今、問題を抱えて、眠りの浅いあなた!ぜひ、一度、この心のお経を試してみてください。

【2009/04/01 12:14】 | 心と身体
トラックバック(0) |



人は、傷つけられ、時に図らずも人を傷つけてしまう。この世に生き、行為によって、行為を浄化して彼岸に至るのは、時に困難ではないかと思うこともある。逆にますますカルマが溜まっていってしもうのではないかと。  そんな時に、このHeart sutraの曲を聴くとほっとする。普段、唱える般若心経と違い、やさしくやわらかい。すべてを抱擁し、許してくれるようなそんな気持ちになる。  中国とうのは、大陸だけあって、やはり感性が違うのだろうか。そういえば、太極拳もおおらかですべてを包み込むような動きだ。  この世でどんなことがあろうとも、一切は空と心から感じることができる時に、すべての苦しみから解放されるのだろう。すべての人が空の世界で一体に溶ける日が来ますように!


【2009/03/31 11:10】 | 心と身体
トラックバック(0) |
雪の水沢
般若心経を寝ながら唱え続けるとどうなるか。今朝方、心臓から泉がわき上がるようになんともいえない喜びに包まれた。それは、こころにわき上がった温泉のようであり、そのなかにひたるとしだいに、心が溶けて癒されてくる。全身の力が抜けるようだ。

 心の中心が花開き、そこから喜びがあふれ出てきたようだ。今での意識を心臓に向けると喜びに包まれる。思考は停止しし、ただ光だけがある。

 こうした内的な喜びに気づけば、外にあるのものは、なんの意味もない。酒やたばこ、ドラッグや薬にたよる必要もない。ただ、単純に般若心経を唱え続けるだけでいいのだ。これほど、簡単な方法が他にあるだろうか。

 般若心経を唱え続けるとどうなるかという、これは一つの実験である。願わくは、この経験を通して、一人でも多くの人が、心の平安と喜びを得ることを祈念してやみません。

 興味のある方は、薬師堂に気軽にご連絡ください。

【2009/03/28 09:05】 | 心と身体
トラックバック(0) |
早春の花
今日もしだいに春らしくなった。庭には、早くも小さな草花が、可憐な花を咲かせ始めた。小さな春の訪れである。

 今朝方も3時ぐらいに意識が覚めるとふとんの中で、目を閉じたまま般若心経を唱え始めた。唱えているとしだいにガスが出始めた。ゲップとして上からもそして下からも、どんどん出て行く、指圧などの治療によってもゲップがでることはよくあるが、これほど次から次へとでてゆくのもめずらしい。

 先週たまった精神的なストレスが、気に変化してそのように出て行ったのだろう。おかげで朝起きる頃には、体も心もすっきりして気持ちのいい朝を迎えることができた。

 般若心経の心身を浄化する作用はたいしたものだ。ぜひ、皆さんもお試しください。一晩寝るだけで、ストレス解消ができて、さわやかな朝を迎えることができますよ。

FC2blog テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

【2009/03/17 14:58】 | 心と身体
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。