誰しもいろいろな理由でうつ的になることがあると思います。自分も2年前にそのような状態になりましたが、般若心経一万回唱えることを目標にして見事に元気を回復しました。そんな経験を書いてみたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の水沢
般若心経を寝ながら唱え続けるとどうなるか。今朝方、心臓から泉がわき上がるようになんともいえない喜びに包まれた。それは、こころにわき上がった温泉のようであり、そのなかにひたるとしだいに、心が溶けて癒されてくる。全身の力が抜けるようだ。

 心の中心が花開き、そこから喜びがあふれ出てきたようだ。今での意識を心臓に向けると喜びに包まれる。思考は停止しし、ただ光だけがある。

 こうした内的な喜びに気づけば、外にあるのものは、なんの意味もない。酒やたばこ、ドラッグや薬にたよる必要もない。ただ、単純に般若心経を唱え続けるだけでいいのだ。これほど、簡単な方法が他にあるだろうか。

 般若心経を唱え続けるとどうなるかという、これは一つの実験である。願わくは、この経験を通して、一人でも多くの人が、心の平安と喜びを得ることを祈念してやみません。

 興味のある方は、薬師堂に気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト

【2009/03/28 09:05】 | 心と身体
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。