誰しもいろいろな理由でうつ的になることがあると思います。自分も2年前にそのような状態になりましたが、般若心経一万回唱えることを目標にして見事に元気を回復しました。そんな経験を書いてみたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子持ち山
般若心経は、朝、意識が覚めてもまだ目を開ける前から、唱えることができる。脳の中心のあたりで唱えるとそこへネネルギーが集まってくるのがわかる。間脳を元気にする。次に心臓のあたりに焦点を合わせて唱えると両手に向かって気が流れてゆくのを感じることができる。

 今度を目を開けて枕を腰の下に敷き、坐ってみよう。坐ったところで、また、目を閉じて瞑想しながた唱える。へその辺に意識をおいてそこで唱える。次にさらに下の丹田のあたりで唱える。そころには、身体全体に気が回ってだいぶ元気が出てくる。

 さらに頭頂に意識をおいて唱える。だいぶ身体が軽くなってゆく、さらにその上、天上に意識をおいて唱えると天上から、地球の中心に向けて一本の気の線が、意識されてくる。そこで呼吸とともにその線の上を上下に移動しながら唱える。その光の線がしだいに太くなってゆき、身体全体を包み込むイメージで唱える。身体が消えて、天地の光の循環だけが意識される。

 最後は、眉間の前の中心に意識が合って自然に呼吸している。

そこでゆっくりと目を開けて、立ち上がる。さあ、一日の始まりだ。

今日も一切が空であるということを心の底においてがんばろう。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

【2009/01/14 09:59】 | 心と身体
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。