誰しもいろいろな理由でうつ的になることがあると思います。自分も2年前にそのような状態になりましたが、般若心経一万回唱えることを目標にして見事に元気を回復しました。そんな経験を書いてみたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うめの華
昨日は、久しぶりに小学校の時の担任の先生のお宅におじゃました。数年前に脳梗塞で倒れて以来、右手が不自由だ。言葉も以前のようには、いかないようだ。

 同級生で特にかわいがられていた親友の誘いだった。彼には、同級生の親が亡くなったら、だれかれかまわず、葬式にはいかなければならないということとその恩師のことは特別に常に気遣わなくてはいけないという思いこみがある。

 自分だけで思いこんでいるだけなら、問題はないのだが、困るのは、その思いこみを人に押しつけてくることだ。世の中には、いろいろな人がいて、いろいろな考えがあるということが理解できないらしい。先生との距離も生徒によってそれぞれだが、自分は数人の友達と訪問するのがちょうどいい距離で、個人的に訪問するような精神的な距離にない。

 昨日も遅れてきて、先に帰り、帰り際に急に誰もいなくなると先生が寂しいから、みんなは後にのここるようにと言い残して、さっさと席をたってしまった。先生も身体が、不自由なのでそんなに長い間、お相手するのは、かえって負担になると感じ、我々もすぐに席をたった。

 アンマのインドのアシュラムに行った時も、いっしょに行った友達が、やはり同じように自分のアンマに対する思いこみを人に押しつけようとしていた。

 本来、人は、自由であり、その自由に至るために私たちは生きている。あらゆる思いこみから解放された時に、本来の純粋な自己に帰ることができるのだろう。

 「あなたのためだから」と言った言葉が、発せられた時、その本意が本当に人のためには発せられたのか、あるいは、自己の利益のために発せられたのか、注意して吟味する必要があるようだ。ちなみに「あなたのためだから」とかいう外為のコマーシャルは、あきらかにその会社の利益のためのコマーシャルである。
スポンサーサイト

【2009/02/05 10:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
青空とくも
先日、知り合いの方からなんとかテクノロジーとか言う自己啓発セミナーのお誘いをうけた。もっともはじめは、単なる説明会かと思い、気軽に参加するつもりだった。しかし、その後、電話をいただいた方の雰囲気がなんとなくおかしかったのですぐに参加をお断りした。、インターネットで調べたら、問題のある自己啓発セミナーであることがわかった。いまさら自己啓発セミナーかと少し驚いたが、未だにそうしたものにはまってしまう人がいるようだ。

 すっかりはまってしまった人たちにとっては、幸せなのかもしれないが、むやみに勧誘されたものにとっては、たまったものではない。もっとも、エンロールとかなんとか言って、勧誘することがプログラムに組み込まれているようである。それが、こうしたものの一番の問題でもあるらしい。

 その人にも、般若心経を一万回唱えれば、ずいぶん変わりますよと言ってあったのだが、安易にお金をだして心の平安を手に入れようとして、うっかりそうしたものにはまってしまったようである。

 般若心経は、いつでもすきな時に唱えることができるし、誰かを勧誘する必要もない。しかも、一銭もお金がかかるわけでもなく、だれかに迷惑をかけることもない。これほど、すばらしいものはないと思うのだが、何かに対する依存心のある人には、かえって難しいのだろうか。

 自分の内面にある絶対的な喜びというものに気づいたら、外に対して喜びを求める必要もないし、人を何かに勧誘して迷惑をかける必要もない。般若心経の世界とは、束縛することもされることもない自由で喜びに満ちた世界だ。人を勧誘している暇があったら、一回でも多く般若心経を唱えることをお勧めします。

FC2blog テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

【2009/02/01 22:56】 | 心と身体
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。