誰しもいろいろな理由でうつ的になることがあると思います。自分も2年前にそのような状態になりましたが、般若心経一万回唱えることを目標にして見事に元気を回復しました。そんな経験を書いてみたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なべくら高原池
頭痛にノーシンというCMを見ていて思った。NO針でなくて、針灸はよく効くから、YES針だよなと。訳もわからず、薬を多用することは、新たに身体に負担をかけて、あまりいいことではないと思う。できるだけ自然な形で治すことが、心にも身体にもいいことだ。

 なぜ、頭痛にあるかというとお腹を冷やすとか、冷えが身体に入っていまい、そのためガスが発生し、上に上昇し、背中や肩、首にたまり、脳やその周りの血管を圧迫して、頭痛が起こることが多いように思う。

 治療法としては、気を下に下げるために、指圧や針灸などでお腹を温め、脚の内側の肝、脾、腎系の流れをよくしてあげると頭に登った、ガスや血液、気が下に流れてきてその圧迫を軽減するので、だんだんと頭痛が楽になってくる。

 最も効果的な方法は、脚の指先、特に親指に糸状灸をすることである。途中で火を止めず完全に燃え切らせると一瞬、非常な熱さが脳に伝わるが、その瞬間に頭痛が足先から抜けるように痛みが和らぐことが多い。しばらく指先がじんじんするがやがて治まるので心配いらない。親指だけでだめなら、全部の指を試してみるといい。

 そんな訳で、薬というものは、ほとんど飲んだことがない。いったい誰のためにあるか。よく考えて、できるだけ自然な形で、病を治して行くことが大切だと思う。

 薬師堂をいつでも皆さんが、自然に苦痛や病を回復されることをお手伝いいたします。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

【2008/12/12 10:46】 | 心と身体
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。